引越しにかかるお金はどれくらい?

引越しにかかるお金はどれくらいなの?

>>引越し料金が最大50%も安くなる!引越し料金最安はどこ?

 

引越しにかかるお金が総額でどのくらいかかるのかは、人によって変わってきます。

 

思っている以上にお金がかかるのが引越しです。家電・家具などを一から揃えるとなると、当然費用も膨れ上がります。

 

事前にどれぐらいお金がかかるのか計算して、余分な出費を減らしましょう。

 

実際に初期費用も計算してみましたので、ご参考にしていただくと幸いです。

引越しでかかるお金の種類は?

まず始めに、新居の契約料金から見ていきましょう。

入居費用

種類

費用

用途

敷金

 

 

0〜3カ月分

(関西だと5〜6ヵ月分)

敷金は、家賃が支払われない時の担保として預けるお金で、修繕費などにも当てられます。

 

通常のお部屋の使用範囲内での汚れや傷みであれば、部屋を退去するときに戻ってきますが、戻って来ないケースがあり、トラブルが多い費用の1つです。

礼金

0〜2ヵ月分

関西だとないことが多い

入居するときに家主さんに支払われる、お礼金のようなものです。退去するときも戻ってきません。

 

前家賃

 

家賃の1カ月分

入居日からの家賃の先払い費用です。月の途中から入居する場合は、その月の日割り家賃を支払うのですが、日割り計算せずに1ヵ月分納めないといけない物件もあります。

仲介手数料

家賃の1ヵ月分

ゼロ・半分の不動産屋さんも多くなってきた

 

物件(お部屋)を紹介してくれた不動産屋に支払う手数料

鍵の交換代

1〜2万円くらい

鍵の交換費用です。(15000円くらいが相場)

 

保証委託料

家賃の60〜80%くらい

保証会社・保証人の有無により費用が変わる

家賃保証会社に支払うお金のことです。

 

家賃保証会社とは連帯保証人の代行会社のことで、連帯保証人の変わりになってくれる会社のことです。

火災保険

 

1〜3万円くらい

家主(オーナー)が指定する保険への加入が入居の条件になっていることが多いです。15000〜20000円くらいのところが多いです

 

★家賃5万円のお部屋を例に計算★

 

敷金2ヵ月+礼金1ヵ月+仲介手数料1ヵ月+前家賃1カ月+鍵交換代15000+保証委託料3万円+火災保険15000円=31万円

 

電化製品・家具・日用品

電化製品

冷蔵庫・洗濯機・テレビ・電子レンジ・掃除機・炊飯器・アイロン・ポットなど、必要なもの他に欲しいものまで上げたらキリがありません。

 

一から集めるとなると、10万円くらいはかかるということですね。

 

家具

クローゼット・書棚・レンジ台(キッチン収納)・テーブル・ベッド・ソファなど、気に入ったものを集めるとなると費用の負担がでかくなります。必要最小限のものだけ始めは揃えて、徐々に揃えていくのが賢い選択です。

 

※大型の家具を購入するときは、寸法を必ずはかりましょう。せっかく買ったのに置こうとしていた場所に収まらない、それ以前に玄関を通らないといったことのないように、前もって気をつけましょう。

 

日用品

カーテン・布団・枕・物干し竿・洗濯バサミ・タオルなど、意外と費用がかさむのが日用品です。生活必需品以外は、徐々に揃えていく方が無難です。

 

引越し料金

引越し料金は、引越しの方法でも変わってきますし、引越す時期・荷物の量・距離などによっても費用が変わってきます。

 

単身・ファミリー引越しをすべて含めると、2万円〜20万円くらいと幅が広いです。

 

引越し業者の繁忙期に引越すとなると、通常の2倍以上の料金がかかる引越し業者もあるので、その時期に引越しが重なると費用がかさみます。

 

致し方ない事情がある場合を除いては、3月20日〜4月上旬までの一番の繁忙期は避けて引越しをすべきです。

 

依頼する引越し業者でも料金が大きく変わってくるので、無料でできる引越し一括見積もりで見積もりを取ると、具体的な料金がわかります。

 

⇒引越し料金が最大50%も安くなる!無料一括見積もりの引越し侍2

まとめ

引越しというのは、思っている以上にお金がかかるものです。予想外な突然の出費も出てきます。

 

単身の引越しで、一から家具家電をそろえて生活するとなると、新居での初期費用も含めると50万円くらいはかかります

 

ですが、初期費用の安い物件もあれば、電化製品や家具なども必要最低限だけ揃えて、引越しの料金を抑えることもできます。すべては自分次第ということですね。

 

節約するところは節約して、使うところは使うなど、自分でどこにお金をかけるか考えて、新居での生活を楽しみましょう