引越し業者の選び方

引越しの方法は?安い引越し方法はどんな方法があるの?

引越しの方法は、荷物の量や新居までの距離、予算によって大きく変わります。

 

当然、手間のかからない楽な方法ほどお金がかかります。

 

引っ越しの主な方法は下記の5つになります

 

  1. 自力で引越しをする
  2.  

  3. 宅配便を利用して引越しをする
  4.  

  5. 引越し業者に依頼をする
  6.  

  7. JR貨物を利用して引越しをする
  8.  

  9. 航空貨物を利用して引越しをする

この中の1・2・3の方法が、一般的な引越しの手段として選択されます。

 

宅配便を利用して引越しをする方法

荷物がそれほど多くなく、家具などの大きな荷物がない場合には、宅配便を利用すると便利ですね。

 

この方法であれば、費用を安く抑えることが出来ます。運べる荷物の量に制限があるので、荷物がたくさんある場合は推奨できません。

 

自力での引越しは、単身や学生さんのシングルライフであれば大変じゃないの?

友人知人、または家族に手伝ってもらい、引っ越し費用を安くする方法もありますが、素人だけで引越しをするのは大変です。

 

冷蔵庫・洗濯機などの家電製品や家具などの重量物を、自分たちだけで運んで設置するとなると、ホントに大変です。

 

また、せっかく運んだのに、お気に入りの家具に傷がついてしまい、ガッカリすることもあります。

 

単身や学生さんのシングルライフのスタートであれば、家具・家電は新しく買うことが多いので、荷物も少なくて済みます。

 

なので、引越し業者に頼まずに自分ですべて行うことも可能です。

 

重要な部分は、引越しの荷物の中に、大型の家電製品や家具があるのかないのか、アパートの1階なのか2階なのかです。

 

一番酷なのがエレベータのない3階もしくは4階のマンションや公営住宅です。エレベータのない建物の3階もしくは4階に住むのであれば、迷わず業者さんに頼むべきです。地獄を見ることになります。

自分で引越しをする方法

自分で引越しする際に必要なのは、主に下記の5つになります

 

  • 荷物を積む車(トラック)
  •  

  • 荷物を運ぶのを手伝ってくれる人
  •  

  • 車がワンボックスや箱型のトラックでない場合は、荷物を縛るロープ
  •  

  • 家具・家電などに傷がつかないようにするための梱包材、もしくは要らない毛布など
  •  

  • 荷物を入れる段ボール

 

レンタカーで車やトラックを借りる時は、あらかじめ予約を取っておかないと、借りれないこともあります。1月から4月の時期は、繁忙期にあたるので、前もってレンタカー会社に電話をして、予約を取るなり確認するなりしておかないと、いざ引越の時に車を借りることが出来ないことがあるので、注意が必要です。

 

安く済ませるために、自分たちだけで頑張るのも手段の一つではあると思うのですが、もちは餅屋に頼むように、引越しもプロの引越し業者に頼むのが安心です。

 

自分自身も、昔は引越し業者で働いていましたが、家具や家電を運ぶのは大変ですよ。まして、傷一つ付けないで運ぶのがプロの仕事なので、気も使います。

 

なれないバイトの方と一緒に重量物を運ぶ時は、ホントに苦労したものでした。エレベーターのないマンションの4階に冷蔵庫や家電を運ぶ作業などは、ホントにくたびれます。

 

今はネット上で、引越しの一括見積もりが無料でできるので、一度試してみるのも悪くないと思います。

 

そこで納得のいく料金の業者がいないのであれば、自分で引越しをすることに決めても遅くはないと思いますよ。

 

>>引越し料金が最大50%も安くなる!引越し料金最安はどこ?