ネット回線の引越し手続き

引越しによるインターネット回線のプロバイダの手続き

引越しが決まったら、現在契約しているインターネット回線のプロバイダに連絡をして、プロバイダの引越し手続き(移転手続き)、もしくは解約の手続きを行いましょう。

 

早めに手続きを行わないと、引越しと同時にネットが使えないこともあるので、注意が必要です。プロバイダにもよりますが、遅くても2週間前までには手続きを行った方が無難です。

 

光回線の場合は工事に時間がかかるので、引越し先でのネット回線の状況によりますが、1〜2か月前には確認をしておいた方がいいと思いますよ。

 

また、引越し先によってはネット回線が無料で使えるところもあるので、早めに確認しておきましょう。

携帯電話と同じで、プロバイダも2年縛りの契約が多いのですが、新規で契約するとキャッシュバックなどの特典が付いてくるプランを設けているプロバイダが多いです。なので、プロバイダの移転手続きを行うよりも、新規で新しいプロバイダと契約する方がお得だと思います。

 

今はプロバイダの競争が激しいので、各プロバイダにより様々なプラン・サービスを提供しています。自分の納得のいくサービス内容、もしくはキャッシュバックなどのメリットを最大限活用して、契約するのが賢い手段だと思います。

 

私は今までフレッツ光を契約していたのですが、転勤が多いため、そのたびにプロバイダの移転手続きをするのが面倒になり、WiMAX2+の速度無制限プランを契約しました。

 

回線のスピードも申し分なく、出先でも使えるので重宝しています。これで、プロバイダ選びの煩わしさから抜け出せそうです。

 

時々、WiMAX2+のルーターを忘れてしまうのが新たな悩みではありますが...

 

 

フレッツ光にオプション加入なしでキャッシュバックのプランがある

 

フレッツ光は、回線のスピードは申し分ないうえにキャッシュバックのメリットまでついてきます。

 

ですが、メリットがあるということは当然デメリットもあります。1番のデメリットは、オプション加入が条件のキャッシュバックだと思います。

 

このような契約では、月々の料金が高くなってしまうので、キャッシュバックで浮いた分がトータル的には回収されてしまいます。

 

しかし、今はオプション加入しなくてもキャッシュバックがついてくるプランがあります。

 

>>オプション加入条件無し!フレッツ光加入キャンペーン実施中!

 

目先の大きなキャッシュバックを目当てにし、様々なオプションに加入して月々の固定費で苦しむよりは、妥当なキャッシュバックを頂いて自分が満足のいく料金プランで契約した方が無難ですよ。

ネット回線の引越し手続き、プロバイダ移転の手続きの流れ

ネット回線の引越し手続き、プロバイダ移転の手続きの大まかな流れは以下になります。

 

  1. 引越し先(移転先)が決まったら、NTTへ電話移転の申し込みを行います。番号は116です。
  2. ※この時に、引越し先でもインターネットを使用することを伝えましょう。

     

  3. 今現在契約しているプロバイダに連絡します。
  4.  

  5. 引越し先での電話工事、インターネットの回線工事完了後、使用できるようになります。

 

移転にかかる手続きの期間は、連絡を入れてから約2週間ほどかかるので、遅くても2週間前までには連絡を入れておきましょう。

 

また、光回線の場合は、工事に時間がかかることもあるので、1〜2か月前には確認をしておきましょう

引越しでプロバイダを移転する時に確認すること

引越しに伴い、プロバイダの移転手続きの時に、注意して確認することは以下になります。

 

  1. 今現在住んでいるところで、いつまでインターネットが使えるのか
  2.  

  3. 今契約しているプランの料金と同等、もしくはそれ以下でもっといいサービスはないのか
  4.  

  5. 引越し先で、いつからインターネットが使えるようになるのか
  6.  

  7. 引越し先での回線の工事の際に、立ち合いが必要なのか
  8.  

  9. 回線の速度は、現在の住所と比較して遅くなるのか、それとも速くなるのか
  10.  

  11. モデム・ルーターをレンタルしている場合は、返却しなくてはいけないのか、それともそのまま使っていいのか
  12.  

  13. モデム・ルーターを返却する場合、返却方法及び料金は着払いなのか元払いなのか
  14.  

  15. モデム・ルーターを返却する場合、引越し先での新しいモデム・ルーターはいつ届くのか

もし、プロバイダの移転手続きの時に、上記の項目の中で納得いかない部分が多くあるようであれば、解約して新しいプロバイダと契約するのも方法の1つです。

まとめ

何事も用意周到が一番なので、引越しが決まったら、早めにネット回線のプロバイダの変更手続きを行いましょう。

 

「新居では、今までのプロバイダの契約内容では、回線の速度が遅くなる」

 

といったようなデメリットばかりが目立つようであれば、プロバイダを解約して新しいプロバイダ、もしくはワイマックス2+などを新規に契約するのも方法の1つです。

 

携帯電話と同じで、プロバイダも2年縛りの契約が多いのですが、新規で契約するとキャッシュバックなどの特典が付いてくるプランを設けているプロバイダが多いです。なので、プロバイダの移転手続きを行うよりも、新規で新しいプロバイダと契約するのも、選択の1つです。

 

継続して使っている方よりも、数年ごとに新規で契約をしている方の方が、かなり得をしているのは間違いないでしょう。

 

今はプロバイダの競争が激しいので、各プロバイダにより様々なプラン・サービスを提供しています。自分の納得のいくサービス内容、もしくはキャッシュバックなどのメリットを最大限活用して、契約するのが賢い手段だと思います。

 

私は、引越すことが多いので、そのたびにプロバイダに連絡を入れて移転の手続き、もしくは解約の手続きをしていたのですが、正直めんどくさくなってしまいました。

 

最近また引越しを終えたばかりなのですが、フレッツ光を解約して、今度はワイマックス2+を契約しました。2年間速度制限のないプランを選んで契約したので、スピードも申し分なく、特に不自由なく使用しています。